株式投資に向いているのは性欲が強い人…? 鹿と学ぶ株式投資



こんにちは。株式会社なのに株のことが一切わかっていない会社、バーグハンバーグバーグです。

「こんな状態で会社を続けてていいの?」と不安になったので、代表のシモダテツヤが株について勉強して参ります。


photo01
シモダテツヤ
株式会社バーグハンバーグバーグ代表。つい最近までオーストラリアの場所を知らなかったので、株についてはもちろん何も知らない。


みなさんと一緒に株の知識を深められたら幸いです。



photo02
西村剛先生
フェアトレード株式会社 代表取締役。個人投資家に分かりやすく株式投資を伝授すべく、講演や執筆を行う。


というわけで西村先生に、みなさんも疑問に思っているであろう株のアレコレを聞いてみたいと思います。




photo03

シモダ「本日はよろしくお願いします」

先生「よろしくお願いします」

シモダ「先生ってやっぱりインチキして株で儲けてるんですか?」

先生「初対面でいきなりそんなこと聞きます?」

シモダ「株で儲けてる人って、みんなそうなのかなと思いまして」

先生「全然違います! インチキなんてしてません! それに『インサイダー取引』などに代表されるインチキは立派な犯罪行為です」



インサイダー取引とは
上場企業の内部事情を知ることができる会社の関係者が、その立場を利用して株価に重大な影響を与える事実を公表前に入手し、株式を売買する違法行為のこと。株式取引の公平性を損なう行為として、金融商品取引法で厳しく規制されています。詳しくは「インサイダー取引とは?重要事実や事例・罰則をわかりやすく解説」を参照。




photo04

シモダ「でも、もし仮にですよ? 絶対にバレなくて絶対に儲かるインサイダー取引があったらどうですか? 先生やりませんか?」

先生「やりません」

シモダ「1000万円儲かるとしても?」

先生「やりませんったら!」

シモダ「じゃあ8兆円だったら?」



photo05

先生「8兆円かぁ…」

シモダ「はい、8兆円です」



photo06

先生「8兆円………」

シモダ「あ、これ、やる人だ」

先生「いや、やりません!! いくら儲かるとか絶対バレないとかでなく犯罪行為ですし! そんなことで大金を得たって嬉しくありません!」

シモダ「絶対嘘だと思いますが、わかりました。なんか先生は信頼できる気がします」



インサイダー取引などのインチキは犯罪なので、8兆円儲かるとしてもやってはいけない



株価ってどういう時に上がるの?



シモダ「株のこと全然わからなくて何を買ったらいいかわからないんですが、こういう会社の株は上がるとかってあるんですか?」

先生「業績が良い会社です。短期的に見たら色々な要因で値動きがあるのですが、長期的に見たらこれはもう業績次第ですね」

シモダ「ほうほう、短期的な値動きというのは具体的にどういうことがあると起こるんですか」

先生「例えば『新規事業を記者会見で発表する』などしたら、期待が高まって一時的に高騰したりすることはありますね」



社長がウンコ漏らしちゃった図

シモダ「じゃあ、その記者会見の時に社長がウンコ漏らしちゃったら、株価って下がります?」

先生「何で漏らしちゃうんですか」

シモダ「『我慢できなくなった』か『趣味で』です」

先生「せめて前者であって欲しいところですが、株価はどうでしょう…。
むしろ上がるんじゃないかと思います」



photo07

シモダ「え…? 記者会見で社長がウンコ漏らしたら株価上がるんですか…? なんだか僕、株のこと好きになれそうです」

先生「まず、恐らくですが、記者会見でウンコ漏らした社長って今までいないですよね?」

シモダ「一定数いるとは思いますが、うまく隠し通してるでしょうね」

先生「ええ、それが重要です。今回は『社長がウンコを漏らしてしまったことが明るみに出る』という前提で考えると、まず間違いなくニュースで取り上げられるはずです」

シモダ「確かにそんなニュースやってたら僕は絶対見ます」

先生「テレビやWEBで取り上げられて、会社名や会見内容は否が応でも世間に注目されることになります。これってすごい宣伝効果ですよね?」

シモダ「ウンコ漏らした社長の会社として宣伝されても大丈夫なんですか?」

先生「社長個人としては恥ずかしいでしょうが、会社としては業績が良ければ問題ありません。会見内容にも注目が集まるでしょう。重要な会見であればあるほど効果大です」

シモダ「じゃあ『株価を上げたい社長は記者会見でウンコを漏らせばいい』と?」

先生「だからと言って、積極的に漏らしていいというわけではないと思いますけどね、倫理的に」

シモダ「もしこの記事が公開されて、世の社長が一斉にウンコを漏らし始めたらどうします?」



photo08

先生「少し、責任を感じるかもしれません…」

シモダ「何か新製品とかを発表するたびに、社長は中腰になり力み始める…。茶色に染まるズボン…。鼻をつまむ報道陣…。泣き叫ぶ子ども達…。こんな世界にしたのは先生ですからね」

先生「この記事をご覧の社長の皆様、ウンコを意図的に漏らすのは絶対にお止めください!」

シモダ「今さら手遅れです。あなたは世界を変えた。それでいいじゃないですか」



社長が記者会見でウンコを漏らすと株価は上がる



全然なついてない虎を飼うと株価はどうなる?



全然なついてない虎を社長の図

シモダ「全然なついてない虎を社長が突然飼い始めたらその会社の株価は下がるんですか?」

先生「そんなことする社長います?」

シモダ「もし、自分が株買ってる会社の社長がそういうこと始めた時にどうするのが正解かわかってないと怖いじゃないですか。心配で心配で株なんて始められません」

先生「そうですか…。えーと、まず、企業側は虎を飼っている旨を有価証券報告書に記載しなければいけません」



有価証券報告書とは
金融商品取引法により、決算日後3ヵ月以内に提出を義務付けられている上場企業の開示資料のこと。企業の概況や、事業・設備・経理の状況などが細かく記載され、主に投資家が株式を購入するときの参考資料として使われます。詳しくは「有価証券報告書とは?有価証券報告書の概要と読み方を紹介」を参照。


先生「経営におけるリスクと考えられる要素は記載する必要がありますので、虎のことも書かれるでしょう」

シモダ「会社で飼うわけではなく、あくまで社長個人が飼うという場合でも書かなきゃダメなんですか?」

先生「社長が虎に襲われて命を落としてしまったら会社にも影響が出ますよね? なので書かなきゃダメです。そうすると、世の投資家はリスクと判断しますので株価は下がるかと」

シモダ「すっっごいダメな社長で、もしもがあった際は超優秀な二代目が跡目を継ぐ場合はどうでしょう?」

先生「まあ、そういうケースなら上がるかもしれません」

シモダ「じゃあ、社長が優秀でかつ『虎殺し』の異名を持つ高名な空手家だった場合はどうですか?」

先生「それでもリスクはリスクです。優秀な社長を失う可能性があるので株価は下がるでしょう」

シモダ「虎に勝てるんですよ?」

先生「不意を突かれる場合もありますし、絶対ではないですよね」



photo09

シモダ「あれ? 先生ひょっとして『虎殺し社長』のことナメてます?」

先生「…シモダさんのお知り合いにそういう方がいらっしゃるんですか?」

シモダ「いや、いません。というか、多分この世のどこにもいません」

先生「じゃあいいでしょ、こんな話」



経営リスクとなる事柄は有価証券報告書に記載が必要。『虎殺し社長』は多分どこにもいない



株主優待ってなあに?



シモダ「株主優待ってあるじゃないですか」

先生「ええ、株主優待目当てで株式を購入される方なんかもいらっしゃいますね」



株主優待とは
上場企業から株主が受け取ることができるモノやサービスのこと。権利付き最終日に規定の株数を保有していることが条件で、株主優待券や自社製品だけでなく金券、食料品、日用品、アクセサリー、リゾート施設の割引券など、企業ごとにさまざまなものが用意されています。詳しくは「株主優待とは?確実に得するための基礎知識と買い方のコツ」を参照。


先生「例えば有名ハンバーガーチェーン店なら商品と引換ができるお食事券がもらえたり、某おもちゃメーカーなら株主優待でしか手に入らないオリジナルのおもちゃがもらえたりします」



ゴミを株主優待として送り付けてる図

シモダ「なるほどなるほど、企業側はゴミを株主優待として送り付けてもいいんですか?」

先生「なんでそんなことするんですか」

シモダ「1年間溜めに溜めた生ゴミを、感謝の気持ちを込めて、株主のみなさんに強制的に送りつける。そんな企業があっても素敵だと思うんです」

先生「共感は出来かねますが、可能…だと思います」

シモダ「いいんだ」

先生「法に触れるものでない限りは問題ないかと。普通は株主優待の時期になると、良い株主優待をつけている会社の株が高騰するものですが、その会社は逆に下がるかもしれませんね」

シモダ「法に触れなきゃ何でもいいんでしょうか?」

先生「まあ、そうですね」



photo10

シモダ「じゃあ例えばこういうものでもいいんですか?」

先生「何ですか、それ?」


photo11

シモダ「先生のお面です」

先生「なぜ?」



photo12

シモダ「ちょっと着けてみてください」

先生「私が着けるんですか?」



photo13

シモダすごい! 意味ない!

先生「でしょうね」



photo14

シモダ意味ない!

先生「知ってます」



gifanime01

シモダ意味な~~~い!!

先生「何なんですか?」



シモダ「これを株主優待としてプレゼントするっていうのもアリってことですね」

先生「私の肖像権が無視されているのでダメです」



photo15

シモダ「いいじゃないですか~、先生~」

先生「そういうことをされたくないんです」



photo16

シモダ「インサイダーで得た金が、1万、2万、3万……」

先生「冗談でもやめてください」



企業は株主優待でゴミを送りつけてもいいけど、普通は嬉しい物を送ってくるので上手く活用しよう



株に勝てるのは性欲が強い人?!



シモダ「株式投資に向いているのはどういう人ですか?」

先生「うーん…。難しいですね。もちろん、色々と大事な要素があると思うのですが…。性欲が強い人というのはあるかもしれません」



photo17

シモダ「先生?」

先生「いやあの、実際に、知り合いのとある有名な投資家の方がこう言ってましてですね」

シモダ「どういうことですか?」

先生「まあ、性欲に限定した話じゃないんですが、欲望が強い人の方が向いているという意味ですね。『モテたい!贅沢したい!』と、得たお金をどう使うかイメージできている方がやはりハングリーな分だけ必死になりますよね」

シモダ「なるほど。ちなみに先生って株で勝ってるんですよね?」

先生「そうですね。まあ、それなりの成績は出せております」

シモダ「つまり、先生は性欲が…?」



photo18

先生「(にっこり)」

シモダ「朝とか、もう痛いくらいのギンギン…?」



photo19

先生「(にっこり)」



株は欲望が強い人が向いているし、先生は朝ギンギン



株は誰でも始められる?



シモダ「たまにニュースとかで天才小学生みたいな子を見ますけど、株って誰でも始められるんですか?」

先生「未成年の人は親の同意書が必要ですが、親権者が代理で取引を行うということで、OKとなっています」

シモダ「全然お金なくても始められます?」




photo20

先生「やろうと思えば1万円でも始められますよ。ただまあ、現実的に考えると10万円は欲しいですけどね。理想は30万円あれば色々と取れる戦略も広がって、株の楽しさは充分わかるかと」

シモダ「なるほどなるほど。ちなみに人間以外でもできます?」

先生「人間以外…? さすがにそれは無理ですね」

シモダ鹿も?

先生「ええ、無理です」

シモダ「今、先生の後ろにいる鹿も?」



photo21

先生「え?!」

gifanime02

シモダ「その鹿も株できないって言うんですか?」

先生「いや、できないですし、え? 何?」

シモダ「鹿です」

先生「何で鹿がここにいるんですか?! 株と関係ないでしょ」



photo22

シモダ「この鹿のツノが株価チャートだとしたらどうですか? 買いですか?」

先生「無理やり株に絡めようとしないでください」

シモダ「買いですか?」

先生「…本当に知りたいんですか?」

シモダ「お願いします」

先生「結論から言うと『買い』です。ある一定期間の株価を見て、直近の高値を更新することを『ブレイクアウト』と言います」




鹿のブレイクアウトの図

先生「向かって右のツノのところでブレイクアウトしてるのがわかりますね。移動平均線が右肩上がりでブレイクアウトした銘柄は株価が上昇する傾向があります。トレンドフォロー戦略を取る上で重要な手法の1つですので覚えておいて損はありません」

photo23

シモダ「キャベツ置いたんで動かないでくださいね」

先生「無視しないでください。あと、私の肩に餌を乗せるのやめてもらっていいですか?」



photo24

シモダ「よろしければ先生もどうぞ」

先生「あ、私も餌付けしていいんですか?」



photo25

シモダ「いや、これ先生が食べる用です」

先生「私が食べる用…?」



photo26

シモダ「ええ、どうぞ」



photo27

先生「………」



photo27

先生「………」



photo27

先生「………」



photo28

先生「うめっ!!」






photo29





~おしまい~

少しでも株に興味を持ったらこちら!

俺たち株の初心者!
天才株式投資家の厳しいけど為になる知識

鹿でも分かりやすい株の解説サイト

俺株 俺たち株の初心者!
俺たち株の初心者をいますぐチェック!

お面上へ